ブラ街道

街道をブラブラ行きます!街道はなぜ街道となったのか。街道に歴史あり。

富士山

富嶽三十六景めぐり~新宿から渋谷まで2時間の旅

投稿日:

平成も終わろうとしている2019(平成31)年4月29日祝日、東京原宿付近にある富嶽三十六景の舞台2か所を歩いて回ることにした。

<本日の目的地>

1.青山圎枩(あおやまえんざまつ)の舞台→龍嶽禅寺

2.隠田TRON 9-837B.gif水車(おんでんのすいしゃ)の舞台→隠田

 

気温15℃曇り(1020hpa)少し肌寒い新宿駅。いつもの月曜日は通勤客でごったがえしているが、今日は10連休とあり、のんびりとした雰囲気。

8:36 新宿を出発

新宿駅南口では「奉祝 天皇陛下御即位」の文字がはためいている。平成時代は明日で幕を閉じる。山手通りを原宿方面へ歩き、北参道の交差点でミニストップの横、斜め左へ進む。

8:58 鳩森八幡神社横を通りすぎる。
道から富士塚が見える。中腹には小御嶽石尊の文字が伺える。富士山は4層構造で小御嶽の上にできた新富士が今の富士山。小御嶽は現在の5合目付近らしい。

 

1.青山圎枩(あおやまえんざまつ)の舞台→龍嶽禅寺

9:06 霞ヶ丘団地交差点
GWにもかかわらず、トンカントンカン急ピッチで建設中のマンションが見える。新国立競技場のすぐ隣にThe Court神宮外苑というマンションが建設されている。2020.5月入居開始のようで、オリンピックまでに完成させようとしているようだ。
さて、霞ヶ丘団地交差点の北側の交差点の名に、川もないのに「観音橋」とつけられている。かつて外苑西通り通り沿いには、隠田川(渋谷川)が流れていた。この交差点は谷底で最も低い箇所なので周りは高くなっている。外苑西通り、通称青山キラー通りを右(南)へ進むと坂を登っていく。登る手前(車のジャガーショップ手前)にキャットストリートから続く道がある。かつて隠田川が流れていった流路だ。
今日は霞ヶ丘団地交差点で外苑西通りを越え、交差点をまっすぐ進み右に折れる。マンション建設現場の横を緩やかに坂を登っていく。勢揃坂(せいぞろいざか)だ。

9:12 龍嶽禅寺到着。
勢揃坂の中腹あたりに龍嶽禅寺の山門がある。本日は山門の補修中のようで、修復作業中の人が山門の上で作業している。境内の奥にはお墓があり、その向こうが急な崖になり、崖の下が外苑西通り。つまり龍嶽禅寺は、ジャガーショップの向かい側の高台に位置する。かつて龍嶽禅寺の境内には笠松という笠のように中央が盛り上がった松があり、名所とされていた。『江戸名所図会』にも取り上げられる名所であったが、今はもうない。今は山門の前からは紅葉が見えるばかりだ。

9:21 高校の勢揃坂門
勢揃坂をうろうろ。勢揃坂を登ると左側には國學院高校の勢揃坂門があり、女子高生らが楽器を運び出したり何やら準備している。

9:25 勢揃坂の看板発見

9:25 神宮前公園からの景色
龍嶽禅寺の境内には入れないが、さらに一段高い神宮前公園からは龍嶽禅寺やその向こうの景色が一望できる。代々木のドコモタワーも見え、かつては富士山が見えたのだろう。
北斎はこの辺りから笠松の三角と富士山の三角を対比させて描いたのだろうかと思うとワクワクする。完成したThe Court神宮外苑からは富士山が見えるだろうな〜

 

9:28 熊野神社

勢揃坂を登を登り切り、國學院高校を過ぎると熊野神社が現れる。

 

2.隠田TRON 9-837B.gif水車(おんでんのすいしゃ)の舞台→隠田

次の目的地は「隠田の水車」
キャットストリート(隠田川)をたどってもよかったが、せっかく坂を登ったのでキャットストリートから登った高台の道を通り「隠田の水車」へ向かう。

9:51 神宮前小学校
表参道ヒルズ横の神宮前小学校の校庭に「隠田の水車」と渋谷川の復元模型が設置されているというが、中には入れない。正前にかろうじて水車をイメージしたような扉が見えるのみである。

9:52 神宮前交番の看板

神宮前小学校校門から表参道に出ると神宮前交番がある。お巡りさんが立つ横に隠田の水車の解説看板が立つ。

隠田の水車で米を引く向こうに見える富士山。

しかし表参道の最も低い川が流れるところからは明治神宮へ続くりっぱな上り坂が見えるばかりで、高い建物がなかった江戸時代にあっても富士山が見えたのだろうか。見えるとしたら川の下流方面、渋谷方面だが、今は高層建築の建設中でさらに見えない。

 

9:58 おんでんばしの親柱

何の収穫もないまま、キャットストリート(隠田川・渋谷川)を下流へ下ると隠田橋の親柱が残っていた。ゆるやかなカーブを描くこのストリートは今はおしゃれなショップが立ち並ぶが、やはり川だったのだ。

10:10 隠田神社

ここまで来たら隠田めぐりだと思い、隠田神社へ行くことにした。キャットストリートを下流へ進むと、左の坂側に神社があるはずだが、まったくその気配がない。どうやらモア・クレスト神宮前というマンションの裏にありそうだが、神社らしき木の繁みもみえない。モア・クレスト神宮前を過ぎた次の交差点を左(坂側)へ曲がる。モアクレストの方を見ると、ありました~神社へ上る階段。

階段を上ると神社の横から入る形で境内へ。

神社の表の鳥居はTRUNK HOTELの裏にありました。ここはよく通る道だが、こんなところに立派な神社があるのは知らなかった。

 

10:20 渋谷キャストのクロマツやソメイヨシノが植えられたスペース。100年に一度の再開発がますます進む渋谷の街。かつての隠田川のほとりで、東急ストアで買ったカフェラテとパンで一休み。北斎がこの光景を見たら、どんな作品をつくるだろうかと思いをはせる。

今日の旅はこれでおしまい。

 

-富士山

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

富士山第5の登山道は令和ルート!?

富士山登山コースは「4つ」とされており、4つとも世界遺産に登録されています。その4つとは… ・富士宮口登山道 ・吉田口登山道 ・須走口登山道 ・御殿場口登山道 です。しかし第5の登山道があり、その登山 …

富士登山の安全を祈る鳩森八幡神社山開き大祭

6月3日は鳩森八幡神社にとって特別な日だ。 多くの富士山山開きの儀式が7月1日に行われるなか、鳩森八幡神社(千駄ヶ谷の冨士塚)では6月3日に行われる。 今年7月に富士山に登るので、富士登山の安全を祈願 …

富士山を描いた富嶽三十六景(北斎)がみたい!

富士山が世界遺産に登録されたのは信仰と芸術の源泉という観点からであった。 富士山は『信仰の対象であり、芸術創作の源泉である』のだ。 富士山は、その美しさと雄大さから、たくさんの芸術家の対象となってきた …

5月~6月に現れる富士山「まぼろしの滝」

富士山には滝や川はないとされているが、一時期だけ見ることができる滝がある。 それが須走口5合目から歩いて行ける距離にある「幻の滝」。 雪解けの5月。暖かい日の午後、とけだした雪が川になり滝のように流れ …

富士山の事故に注意!

富士山に登る際には事故に注意しないといけない。通常の環境と異なり、思わぬ事故に見舞われるかもしれない。過去に起きた例を確認したいと思う。   直近に起きた痛ましい事故 つい先日の2019/5 …