ブラ街道

街道をブラブラ行きます!街道はなぜ街道となったのか。街道に歴史あり。

00 日本橋→品川 東海道

T00-5 旧東海道を行く ビジネス街の新橋、浜松町、芝

投稿日:2018-08-18 更新日:

新橋から芝4丁目まで

ビジネス街の新橋
銀座八丁目から首都高速の高架をくぐり、新橋に入ります。東海道は国道15号となり、風景がビジネス街へと一変します。

すぐ西側にJR新橋駅、そこからお台場へ続くゆりかもめが伸びています。東側には汐留の高層ビル群が並んでいます。

ゆりかもめの高架を上り、汐留方面へ行くと右に日テレ、突き当たりには電通本社があります。日テレへ続く渡り廊下を行くと、朝にお天気お姉さんがよく天気予報をしている広場があります。夕方なら、そらジロウに会えるかも!

JRの高架を過ぎると赤い鳥居が見えます。日比谷神社です。

日比谷神社

日比谷神社のすぐ後ろには日テレなど汐留の高層ビルが並んでいるのが見えます。
日比谷神社

東京タワーが見える浜松町
東海道(国道15号・第一京浜)をさらに進むと浜松町に入ります。

道路の反対側に芝大神宮の看板、ビルとビルの間の向こうに東京タワーが見えます。
東京タワー

大門の交差点を過ぎ、左手の芝エクセレントビルの下に浜松町由来碑があります。

 

濱松町-町名の由来
浜松町由来

武蔵野の東南端、広く海に面したこの辺りは、その天然資源も豊かなるため、古くより人間生活が営まれ、古墳時代の遺跡として今も芝公演台上に残る、大古墳跡に見られるごとく集落を形成。漁業を中心とするかつどが盛んであったと思われ、その関係が古く由緒ある社寺(芝大神宮等)が近隣に現存する。その後、乱世を迎え、太田道灌、平川城(江戸城の前身)を築く頃には、町らしき形態に成長したと考えられ、天正18年(1590)徳川家康の江戸城入場を見、城下町計画に着手。慶長3年(1598)その菩提寺増上寺を麹町より現在地に移転、さらに武家を中心に町年寄、特権商人、地元住民による東側海浜地帯の埋立工事完成。慶長6年(1603)東海道を現国道15号線上に定め、その東西両側には日常生活用品から産業用資材まで各種商人が軒を連ね商業地域の中心となり、その雨後侍に大名屋敷が並ぶ江戸の町が出現した。当時その町は増上寺代官と兼任であった。名主奥住久右衛門の支配下で久右衛門町と呼ばれ、元禄年間には遠江(静岡県)浜松出身の権兵衛という名主へ代替した事より、これ以後濱松町に改名。明治、大正、昭和、平成と受け継がれ現在に至る。江戸では歴史ある数少ない古町のひとつである。

浜松町の古地図

さらに進むと古川にかかる金杉橋があります。

金杉橋

金杉橋から古川の下流をみると船がたくさんとめられています。
上流は渋谷川になる古川は金杉橋のあたりはもう海が近いです。
金杉橋から見た古川

橋を少し過ぎると、ちぃばすという港区コミュニティバスのバス停がありました。ここの地図にあるように古川はもう少し下流にいくともう海です。

東京ガスの建物の一角にガス創業の地の記念碑があります。

東海道(国道15号)に沿って、芝4丁目の交差点を右に折れていき、田町駅の方へ向かいます。

東海道0‐4(銀座)へ戻る
東海道0‐6(高輪)へつづく

-00 日本橋→品川, 東海道

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

T00-1 旧東海道を行く 日本の道路の起点、日本橋

東海道53次のスタート 東海道五十三次は、日本橋がスタート地点です。 東海道五十三次(浮世絵)のなかでも一番有名な保永堂版の日本橋は、橋の南側から見た大名行列の風景。 橋の手前の木戸が開き、高札場が橋 …

東海道浮世絵スタンプラリー(品川宿~間の宿・美原~川崎宿)第1弾

2019年1月、大田区のプールに寄ったときのこと。 東海道スタンプラリーを開催しているちらしに気がついた。 よく見ると昨年に引き続き第2回の開催で2月20日までの浮世絵デザインは第1回と同じもよう(第 …

T00-4 旧東海道を行く 銀貨の鋳造・発行を管轄する銀座

銀貨の鋳造・発行を管轄する銀座 京橋の町を過ぎると次は銀座の町に入ります。 銀座1丁目の交差点を過ぎて、銀座2丁目の歩道に銀座役所跡の碑があります。   銀座発祥の地(The Cradie …

日本橋

T00-1 旧東海道を行く 日本橋

日本橋(江戸)Nihonbashi Bridge(Edo) 東京都中央区 『江戸が政治・経済の中心になり、東海道をはじめとする幕府直轄の五街道の起点となったのが日本橋です』 東海道五十三次は、日本橋が …

T01-旧東海道を行く 品川宿

品川 Shinagawa 東京都品川区 『江戸の南の門戸として重要な役割を果たした品川宿は、漁港や商業港もあり、交通・交易の要所として発展した宿場です。江戸庶民の遊興の場でもありました』 総屋敷:15 …