ブラ街道

土地には風土があり、いつの時代も人はその土地の風土にあわせて生きてきました。その土地の風やにおいを感じ、歴史に触れると、その時代に生きた人々の息遣いを感じる気がします。人々が暮らしたころへ思いをはせてみたり、往来した街道をブラブラ歩いたりします。

00 日本橋→品川 東海道

T00-4 旧東海道を行く 銀貨の鋳造・発行を管轄する銀座

投稿日:2018-08-17 更新日:

銀貨の鋳造・発行を管轄する銀座
京橋の町を過ぎると次は銀座の町に入ります。

銀座1丁目の交差点を過ぎて、銀座2丁目の歩道に銀座役所跡の碑があります。

銀座発祥の地

 

銀座発祥の地(The Cradie of Ginza)

「銀貨の鋳造・発行を管轄する徳川幕府の役所が慶長17年(1612)この地に開設、「銀座」の地名の由来となりました。」
銀座2-7先

 

銀座とは銀貨鋳造所のことで、慶長17年に銀座を駿府(静岡)からこの地に移したとのこと。
銀座

銀座一~四丁目は、明治2年に新両替町・与作屋敷(一部)・三十間堀(一部)の別称を正式名称としたものです。その後、昭和5年に尾張町ほか9町を銀座五~八丁目とした際、その西側に位置する南紺屋町ほか15町を銀座西としました。
旧)銀座東の町名は、銀座の東側に位置する木挽町と、銀座との間にあった三十間堀川が埋め立てられ、地続きになること、また銀座の西側に銀座西があったのに対応して、地元住民の希望が実を結んでできた町名です。

銀座は、現在1丁目から入り8丁目まで続きます。

 

朝鮮に威光を示す芝口御門

芝口御門跡
銀座の8丁目から新橋に入る高架の手前を左に曲がると芝口御門跡があります。

芝口御門跡

 

所在地 中央区銀座八-八・九・十付近
ここの南方、高速道路の下には、もと汐留川が流れ、中央通り(旧東海道)には、昭和三十九年まで新橋が架かっていました。
芝口御門

宝永七年(一七一〇)、朝鮮の聘使(へいし)の来朝に備えて、新井白石の建策にもとづきわが国の威光を顕示するため、この新橋の北詰に、現に外桜田門に見られるような城門が建設されて、芝口御門と呼ばれ、新橋は芝口橋と改称されました。
城門は橋の北詰を石垣で囲って枡形とし、橋のたもとの冠木門から枡形に入って右に曲がると、渡櫓があって堅固な門扉が設けられていました。しかしこの芝口御門は建築後十五年目の享保九年(一七二四)正月に焼失して以来、再建されず、石垣も撤去され、芝口橋は新橋の旧称に復しました。

 

さて、現在新橋があった上には高架があります。

高架の下をくぐる手前に銀座の柳2世の看板がありました。

銀座の柳二世

高架をくぐると、銀座柳の碑があります。

明治7年(1874)舗道ができ柳が植栽されたが大正12(1923)の関東大震災で焼失してしまったとのこと。

そして新橋の親柱の碑もあります。

新橋の親柱

ここを過ぎると銀座の街がおわり、新橋の街へ入ります。

東海道0-3(京橋)に戻る
東海道0‐5(新橋)へつづく

-00 日本橋→品川, 東海道

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

T00-1 旧東海道を行く 日本の道路の起点、日本橋

東海道53次のスタート 東海道五十三次は、日本橋がスタート地点です。 東海道五十三次(浮世絵)のなかでも一番有名な保永堂版の日本橋は、橋の南側から見た大名行列の風景。 橋の手前の木戸が開き、高札場が橋 …

T10-旧東海道歩いてガイド 箱根越え②箱根宿→三島宿

2019年5月18日、箱根八里の旧東海道を歩いた。 旧東海道は、舗装道路から側道、そして石畳、階段、山道、藪道と道の変化がけっこうある。側道への入り口などわかりにくい箇所も多い。 季節は春、5月18日 …

日本橋

T00-1 旧東海道を行く 日本橋

日本橋(江戸)Nihonbashi Bridge(Edo) 東京都中央区 『江戸が政治・経済の中心になり、東海道をはじめとする幕府直轄の五街道の起点となったのが日本橋です』 東海道五十三次は、日本橋が …

T02-旧東海道を行く  川崎宿

川崎宿 Kawasaki 神奈川県川崎市 『品川宿と神奈川宿の中継点として、1623(元和9)年に設置された宿場。幕末になると、川崎大師へ多くの参詣者が訪れて最盛期を迎えました』 総屋敷:541 本陣 …

T01-旧東海道を行く 品川宿

品川 Shinagawa 東京都品川区 『江戸の南の門戸として重要な役割を果たした品川宿は、漁港や商業港もあり、交通・交易の要所として発展した宿場です。江戸庶民の遊興の場でもありました』 総屋敷:15 …