ブラ街道 on the road

人はいつの時代も、その土地の風やにおいを感じ生きてきた。綿々と続く歴史の糸をたどると、生きた人々の息遣いを感じる気がする。現代を生きる私たちも最善を尽くして日々を暮らし生きている。その道はどこから始まりどこへ向かうのか。果て無き道を今も歩んでいる。

00 日本橋→品川 東海道

T00-1 旧東海道を行く 日本橋

投稿日:2019-02-18 更新日:

日本橋(江戸)Nihonbashi Bridge(Edo)

東京都中央区

『江戸が政治・経済の中心になり、東海道をはじめとする幕府直轄の五街道の起点となったのが日本橋です』

東海道五十三次は、日本橋がスタート地点です。

東海道五十三次(浮世絵)のなかでも一番有名な保永堂版の日本橋は、橋の南側から見た大名行列の風景。
橋の手前の木戸が開き、高札場が橋の手前左に、その横には魚河岸で仕入れた魚屋が描かれています。

 

 

 

日本橋北詰交差点。

現在、日本橋川にかかる日本橋の上には高速道路が走っています。

橋の中央のあたりに「日本橋」の看板がかかっています。

橋の左(東側)に魚河岸発祥の地の記念碑、橋の右(西側)に道路元標の碑があります。

日本国道路元標をみてみましょう。これは橋の横のレプリカの写真。

日本国道路元標(Zero Milestone in Japan)
「日本橋は1603年の創架され、江戸幕府により五街道の起点として定められました。現在の日本橋は1911年に架橋されたルネサンス様式の石造二連アーチ橋で、四隅の親柱の銘板に刻まれた「日本橋」及び「にほんばし」の文字は最後の将軍・徳川慶喜公の揮毫によるものです。1972年、日本橋中央の「東京市道路元標」がこの広場に移設・保存されました。その据えられていた跡には、内閣総理だ人佐藤栄作氏(後にノーベル平和賞受賞)の揮毫による「日本国道路元標」が埋標されました。この複製も同時に制作・設置されたものです。東京市道路元標は、1999年に米寿を祝う日本橋とともに国の重要文化財に指定されています。
Nihonbashi Bridge was built in 1603 and designed by the Edo Shogunate government as the starting point of five major roads in Japan.」

本物は橋の中央に埋め込まれているのですが、交通量が多くさすがにみることができませんでした(笑)。

 

 

-00 日本橋→品川, 東海道

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

T05-旧東海道  戸塚宿

戸塚宿 Totsuka 神奈川県横浜市 『江戸から約10里の戸塚宿は、一般の旅人のちょうど1日の行程にあたり、さらにこの辺りが山道だったため、宿場が開設されたといわれています』 総屋敷:613 本陣: …

T00-2 旧東海道を行く ヤエスの名はオランダ人ヤン・ヨーステンから

ヤエスの名はオランダ人ヤン・ヨーステンから 東海道(中央通り)をさらに南に進むと、大きな道、八重洲通りとの交差点である日本橋3丁目の交差点につきます。 向かって右には東京駅の八重洲口があります。 八重 …

T10-旧東海道歩いてガイド 箱根越え②箱根宿→三島宿

2019年5月18日、箱根八里の旧東海道を歩いた。 旧東海道は、舗装道路から側道、そして石畳、階段、山道、藪道と道の変化がけっこうある。側道への入り口などわかりにくい箇所も多い。 季節は春、5月18日 …

東海道浮世絵スタンプラリー(品川宿~間の宿・美原~川崎宿)第1弾

2019年1月、大田区のプールに寄ったときのこと。 東海道スタンプラリーを開催しているちらしに気がついた。 よく見ると昨年に引き続き第2回の開催で2月20日までの浮世絵デザインは第1回と同じもよう(第 …

T01-旧東海道を行く 品川宿

品川 Shinagawa 東京都品川区 『江戸の南の門戸として重要な役割を果たした品川宿は、漁港や商業港もあり、交通・交易の要所として発展した宿場です。江戸庶民の遊興の場でもありました』 総屋敷:15 …