ブラ街道 on the road

人はいつの時代も、その土地の風やにおいを感じ生きてきた。綿々と続く歴史の糸をたどると、生きた人々の息遣いを感じる気がする。現代を生きる私たちも最善を尽くして日々を暮らし生きている。その道はどこから始まりどこへ向かうのか。果て無き道を今も歩んでいる。

On the road

dream of ufo

投稿日:

自宅で30分ほどの仮眠のなかで、とても怖い夢を見た。ちょっとリアルに感じたので、ブログに書こうと思う。

それは卵型の災害ラジオの形をした宇宙船のお話。何らかの文脈があったうえでだと思うけど、卵型ラジオに宇宙人?が宿り攻撃してきた。場所は新居でのこと。大体今までの夢は子どものころ住んでいた実家が多かったのだが、越して間もない新居とは画期的だ。

それはともかく、攻撃してきたので、何かで叩きのめした。いくつかに分解するほどに、粉々にした。とどめに中から卵の白身らしきものも取り出して流した。目に飛び込む映像としては白身なのだが、感覚的にグロいものをとりだしていた感じだった。

やれやれと思っていたら庭にでっかい卵型の母船がやってきて、よくもやりやがったなという主旨のことをテレパシーで言ってきた。そしてたくさんの透明な人が家に入ってきて追いかけ回してきた。透明な人たちは体はかすかに見えるか見えないかぐらいで、カジュアルなTシャツのような服が体よりも少し濃くみえるような感じであった。

追いかけ回されるのが恐ろしい夢だった。同じ目にあわせてやるという恐怖の一方で高度な知性があり、粉々になった卵型宇宙船と乗組員も元に戻せるとしたら大丈夫かなとおもってたところで夢が覚めた。

宇宙人の夢なんて今までみたことなかったので、記録として残しておこうと思う。

-On the road

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

moment of death

■死ぬ瞬間 死を考えることは、子どもの頃は、恐怖で気がくるいそうなことだった。心の奥でいつもその恐怖にさいなまれていたような気がする。 大人になり、様々な体験をするなかでその恐怖はしだいになくなってい …

black out⁉︎

2月13日夜23時、大きな地震が起きた。 横揺れが長く続き、棚に置いているものが少し落ちてくるほどの揺れで、子どもが怖がっていた。 すぐさまテレビをつけてみると、福島県沖の地震であった。 10年前の東 …

watch around

「周りの人をよく見なさい。あなたはその人たちと一緒に生きている」 神社をお参りしたときのささやき。 「その人たちと調和がとれているか。あなた1人で生きているわけではない」 わかってるつもりでも、行動が …

force from fear

今朝は寒く外にでるのが億劫だったので、 布団にくるまって瞑想をした。 そのとき小4の娘のアラームが鳴って娘が起きた。 ぼくはしっかりと座って瞑想しているすがたをみられるのが恥ずかしい。   …

on the road

2021年2月14日朝6時32分多摩川駅を降りた。 これから多摩川浅間神社へ向かう。 今日はどんよりした曇りの日。 今ここにいるのは昨日ふと思ったことからによる。 ここ数日体がきつくて耐え難い状況にな …