ブラ街道 on the road

人はいつの時代も、その土地の風やにおいを感じ生きてきた。綿々と続く歴史の糸をたどると、生きた人々の息遣いを感じる気がする。現代を生きる私たちも最善を尽くして日々を暮らし生きている。その道はどこから始まりどこへ向かうのか。果て無き道を今も歩んでいる。

On the road

moment of death

投稿日:

■死ぬ瞬間

死を考えることは、子どもの頃は、恐怖で気がくるいそうなことだった。心の奥でいつもその恐怖にさいなまれていたような気がする。

大人になり、様々な体験をするなかでその恐怖はしだいになくなっていった。

今日、たまたま自分が人生を終えるとき、どんな風か、久しぶりに想像をしてみることがあった。

そのとき、未来(もしかしたら過去)の自分が死ぬ瞬間に起きることに触れた気がした。

それは苦しみや悲しみはなく、祝福の中に包まれていた。

いや、単にそうであってほしいと願っただけなのかもしれないけど…

 

そういえば、映画ラストサムライでもそんな場面があった。

「武士道とは死ぬことと見つけたり」という言葉を残して命を終えるラストサムライが描かれていた。

『葉隠』の有名な言葉だとか。

いろんな解釈があると思うけど、死ぬ瞬間に、自分が行く場所というか戻る場所に出会うということなのではないか、それは何事にも代えがたい美しさで、渡辺謙演じる勝元が観た桜がそれを象徴しているのではないかと思う。

 

それはあの世というか、極楽浄土というか、神様の世界というか、この世界とは異なる世界。

ただこれは何も死ぬ瞬間に限ったことではないと思う。

自らの神性に出会うのは、死ぬ瞬間だけではなく、生きながらでも得られる感覚なのではないかと思う。

 

-On the road

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

on the road

2021年2月14日朝6時32分多摩川駅を降りた。 これから多摩川浅間神社へ向かう。 今日はどんよりした曇りの日。 今ここにいるのは昨日ふと思ったことからによる。 ここ数日体がきつくて耐え難い状況にな …

Sentimental Journal

そこはいろんなアトラクションのある楽しそうな場所だった。たくさんの人が運動場のようなところに来ていろんなゲームをしている。 ぼくらはゲームがはじまるまで着替えて寝っ転がって待っていた。待っている間にだ …

no image

dream of ufo

自宅で30分ほどの仮眠のなかで、とても怖い夢を見た。ちょっとリアルに感じたので、ブログに書こうと思う。 それは卵型の災害ラジオの形をした宇宙船のお話。何らかの文脈があったうえでだと思うけど、卵型ラジオ …

no image

spooky uprising

▼我が家のおばけ 「ほら、そこにいる!紫のひもみたいなやつ」 今朝7時頃、小1の息子が押し入れの方を指さした。 おばけがいるというのだ。ひもみたいなというからには、人型ではなくどうやら物体のようだ。 …

m RNA

▼m RNAワクチン ワクチンの接種が6月から始まる。 ファイザーのワクチンはm RNAタイプのもので、DNAを転写するメッセンジャー RNAを使う。 遺伝子組み換え食品どころではない。機構はよくわか …