ブラ街道 on the road

人はいつの時代も、その土地の風やにおいを感じ生きてきた。綿々と続く歴史の糸をたどると、生きた人々の息遣いを感じる気がする。現代を生きる私たちも最善を尽くして日々を暮らし生きている。その道はどこから始まりどこへ向かうのか。果て無き道を今も歩んでいる。

On the road

moment of death

投稿日:

■死ぬ瞬間

死を考えることは、子どもの頃は、恐怖で気がくるいそうなことだった。心の奥でいつもその恐怖にさいなまれていたような気がする。

大人になり、様々な体験をするなかでその恐怖はしだいになくなっていった。

今日、たまたま自分が人生を終えるとき、どんな風か、久しぶりに想像をしてみることがあった。

そのとき、未来(もしかしたら過去)の自分が死ぬ瞬間に起きることに触れた気がした。

それは苦しみや悲しみはなく、祝福の中に包まれていた。

いや、単にそうであってほしいと願っただけなのかもしれないけど…

 

そういえば、映画ラストサムライでもそんな場面があった。

「武士道とは死ぬことと見つけたり」という言葉を残して命を終えるラストサムライが描かれていた。

『葉隠』の有名な言葉だとか。

いろんな解釈があると思うけど、死ぬ瞬間に、自分が行く場所というか戻る場所に出会うということなのではないか、それは何事にも代えがたい美しさで、渡辺謙演じる勝元が観た桜がそれを象徴しているのではないかと思う。

 

それはあの世というか、極楽浄土というか、神様の世界というか、この世界とは異なる世界。

ただこれは何も死ぬ瞬間に限ったことではないと思う。

自らの神性に出会うのは、死ぬ瞬間だけではなく、生きながらでも得られる感覚なのではないかと思う。

 

-On the road

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

deepen life

人はなぜ生きているのか、子供の頃よく考えた。 なぜかはわからないが今生きている。 人はなぜ美しいと感じるのか、美しいと感じるものとそうでないものの違いは何なのだろうか。何らかの法則があるように思う。 …

cytokine storm & Media storm

井上先生は毎朝4時に起きて医学論文を5本は読むという。 そんな先生のコロナの解説が非常にわかりやすく説得力のあるものだった。 松田先生が「わが意を得たり」というのもうなずける。 カンタンにいうと、コロ …

no image

peace education for kids

子どもにとって、平和教育の肝は、違いをうけいれることだと思う。 その基礎は、多様な大人と過ごすことで培われるものだと思う。 レッテルがなせ貼られるか。それは違いを受け入れられない恐怖からくるものと思う …

5-amino levulinic acid

▼ファイブアラの効果 カクヤスの日本酒売り場を眺めていた時、偶然、会社の先輩に出会った。 「日本酒とワインがコロナにいいみたいで、長崎大学の論文によるとファイブアラがコロナを100%抑えるそうですよ。 …

in to the world

今朝4時前に目が覚め、まだ3時台かとまた寝た。通常朝までぐっすり眠るので、これは珍しい。何度も起きては、その続きの夢をみてを繰り返し、朝、起きたとき、何か連続して見ていたはずの世界があったことは覚えて …