ブラ街道 on the road

人はいつの時代も、その土地の風やにおいを感じ生きてきた。綿々と続く歴史の糸をたどると、生きた人々の息遣いを感じる気がする。現代を生きる私たちも最善を尽くして日々を暮らし生きている。その道はどこから始まりどこへ向かうのか。果て無き道を今も歩んでいる。

On the road

Girls’ Day (March 3rd)

投稿日:2021-03-03 更新日:

▼ひな祭りは、邪気を流す日

季節の節目はあたたかくなったり寒くなったり気温の変化が激しくなり、体調を崩しやすくなる。
昔は病気になるのは邪気が入るためとされていました。
日本では紙などで作った人形(ひとがた)で自分の体をなでて、けがれを移し川や海に流すことで邪気祓いをしていた。
「流しびな」はこうした風習がルーツとのこと。

 

▼ひとがたから天皇陛下へ

“人形(ひとがた)”だった人形は、流すにはもったいないくらい豪華なものへと発展し、立派な人形になっていった。ひな壇の一番上の豪華な衣装のお二人は実は天皇陛下と皇后さまを表している。

平安寿峰という京都の人形屋さんでは伝統的な雛人形をつくっている。

明治天皇の玄孫でいらっしゃる竹田恒泰氏が特注で忠実に再現してもらったとTwitterで紹介している。

-On the road

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

spooky uprising

▼我が家のおばけ 「ほら、そこにいる!紫のひもみたいなやつ」 今朝7時頃、小1の息子が押し入れの方を指さした。 おばけがいるというのだ。ひもみたいなというからには、人型ではなくどうやら物体のようだ。 …

Japanese love cherry blossoms

▼日本人は桜が大好き 日本人は桜が大好きだ。ぱっと咲いて、パっと散るのが潔くかっこいいとしているからかもしれない。 日中韓の比較文化学の金 文学先生の著書『あの「中国の狂気」は、どこから来るのか』によ …

deepen life

人はなぜ生きているのか、子供の頃よく考えた。 なぜかはわからないが今生きている。 人はなぜ美しいと感じるのか、美しいと感じるものとそうでないものの違いは何なのだろうか。何らかの法則があるように思う。 …

on the road

2021年2月14日朝6時32分多摩川駅を降りた。 これから多摩川浅間神社へ向かう。 今日はどんよりした曇りの日。 今ここにいるのは昨日ふと思ったことからによる。 ここ数日体がきつくて耐え難い状況にな …

m RNA

▼m RNAワクチン ワクチンの接種が6月から始まる。 ファイザーのワクチンはm RNAタイプのもので、DNAを転写するメッセンジャー RNAを使う。 遺伝子組み換え食品どころではない。機構はよくわか …