ブラ街道 on the road

人はいつの時代も、その土地の風やにおいを感じ生きてきた。綿々と続く歴史の糸をたどると、生きた人々の息遣いを感じる気がする。現代を生きる私たちも最善を尽くして日々を暮らし生きている。その道はどこから始まりどこへ向かうのか。果て無き道を今も歩んでいる。

On the road

Girls’ Day (March 3rd)

投稿日:2021-03-03 更新日:

▼ひな祭りは、邪気を流す日

季節の節目はあたたかくなったり寒くなったり気温の変化が激しくなり、体調を崩しやすくなる。
昔は病気になるのは邪気が入るためとされていました。
日本では紙などで作った人形(ひとがた)で自分の体をなでて、けがれを移し川や海に流すことで邪気祓いをしていた。
「流しびな」はこうした風習がルーツとのこと。

 

▼ひとがたから天皇陛下へ

“人形(ひとがた)”だった人形は、流すにはもったいないくらい豪華なものへと発展し、立派な人形になっていった。ひな壇の一番上の豪華な衣装のお二人は実は天皇陛下と皇后さまを表している。

平安寿峰という京都の人形屋さんでは伝統的な雛人形をつくっている。

明治天皇の玄孫でいらっしゃる竹田恒泰氏が特注で忠実に再現してもらったとTwitterで紹介している。

-On the road

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5-amino levulinic acid

▼ファイブアラの効果 カクヤスの日本酒売り場を眺めていた時、偶然、会社の先輩に出会った。 「日本酒とワインがコロナにいいみたいで、長崎大学の論文によるとファイブアラがコロナを100%抑えるそうですよ。 …

watch around

「周りの人をよく見なさい。あなたはその人たちと一緒に生きている」 神社をお参りしたときのささやき。 「その人たちと調和がとれているか。あなた1人で生きているわけではない」 わかってるつもりでも、行動が …

deepen life

人はなぜ生きているのか、子供の頃よく考えた。 なぜかはわからないが今生きている。 人はなぜ美しいと感じるのか、美しいと感じるものとそうでないものの違いは何なのだろうか。何らかの法則があるように思う。 …

don’t stay home

元衆議院議員の松田学氏は早く真実へと目覚める必要があるとして、何人かの専門家や有識者の方々と、新型コロナ対策のモードチェンジを図るためのプロジェクトを始めている。 政権中枢の方には、ここに掲載するパワ …

no image

dream of ufo

自宅で30分ほどの仮眠のなかで、とても怖い夢を見た。ちょっとリアルに感じたので、ブログに書こうと思う。 それは卵型の災害ラジオの形をした宇宙船のお話。何らかの文脈があったうえでだと思うけど、卵型ラジオ …