ブラ街道 on the road

人はいつの時代も、その土地の風やにおいを感じ生きてきた。綿々と続く歴史の糸をたどると、生きた人々の息遣いを感じる気がする。現代を生きる私たちも最善を尽くして日々を暮らし生きている。その道はどこから始まりどこへ向かうのか。果て無き道を今も歩んでいる。

On the road

deepen life

投稿日:2021-03-02 更新日:

人はなぜ生きているのか、子供の頃よく考えた。

なぜかはわからないが今生きている。

人はなぜ美しいと感じるのか、美しいと感じるものとそうでないものの違いは何なのだろうか。何らかの法則があるように思う。

と言う事は何らかの生き方の方向があるはずだ。

人生を深めるとはそうした心地の良い美しい方向を深めると言うことではないかと思う。

何故かはわからないけども太陽は輝き日は登り、そして日が沈む毎日が続く。

何故かはわからないがいつの日か生まれていつの日か死ぬ。

この世の人生をどう生きるか、どう深めて生きることは大事なことだと思う。

-On the road

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

running for health

「聞きましたよ、はしってるんですって?」 会社の後輩が聞いてきた。 「そう、神社にお参りしてそこから走って帰ってくる2.5kmのコース」 「何お祈りしてるんですか?」 「お金持ちになりますようにって( …

non-duality peace

不二の平和

Japanese love cherry blossoms

▼日本人は桜が大好き 日本人は桜が大好きだ。ぱっと咲いて、パっと散るのが潔くかっこいいとしているからかもしれない。 日中韓の比較文化学の金 文学先生の著書『あの「中国の狂気」は、どこから来るのか』によ …

no image

moment of death

■死ぬ瞬間 死を考えることは、子どもの頃は、恐怖で気がくるいそうなことだった。心の奥でいつもその恐怖にさいなまれていたような気がする。 大人になり、様々な体験をするなかでその恐怖はしだいになくなってい …

cytokine storm & Media storm

井上先生は毎朝4時に起きて医学論文を5本は読むという。 そんな先生のコロナの解説が非常にわかりやすく説得力のあるものだった。 松田先生が「わが意を得たり」というのもうなずける。 カンタンにいうと、コロ …