ブラ街道 on the road

人はいつの時代も、その土地の風やにおいを感じ生きてきた。綿々と続く歴史の糸をたどると、生きた人々の息遣いを感じる気がする。現代を生きる私たちも最善を尽くして日々を暮らし生きている。その道はどこから始まりどこへ向かうのか。果て無き道を今も歩んでいる。

On the road

creating a forest

投稿日:2021-02-28 更新日:

▼百年を見越した杜づくり

明治神宮の森は100年を見越して作られたという。

先日、明治神宮を訪れた際にそんな掲示板があったので興味深く読んだ。

まず成長の早い針葉樹と、将来の主木となる椎や樫などの照葉樹を植えるというもの。

そこまではいかないけど、森づくりの一端を手伝わさせてもらった森の会の第一期が本日終わった。

 

▼森の整備

森の木をきると、太陽の光が差し込んでくる。

斜めにはえて他の竹と重なりあう竹がなくなると、雑然とした「竹やぶ」が凛とした「竹林」になる。

今日も足場の悪い急斜面で廃木の撤去や枯れた竹を伐採した。ノコギリをこんなにたくさん使ったのは人生で初めてのことだ。

しかも生きた木や竹を伐採することも。

枯れた木や竹を切るのは躊躇なく切れるが、斜めに生えているとはいえ、元気に生えている竹を切るときは、少し躊躇する。心をしずめ、切ることを決めてから切ることにしている。切ったとき青い香りがする。

枯れて乾いてかんかんになっている竹は茶色く生気はないが、青竹は枝の先まで青々として弾力がある。

最後に青竹を切り、今日の作業を終えた。

 

次回は10月から開催するとのこと。

-On the road

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

don’t stay home

元衆議院議員の松田学氏は早く真実へと目覚める必要があるとして、何人かの専門家や有識者の方々と、新型コロナ対策のモードチェンジを図るためのプロジェクトを始めている。 政権中枢の方には、ここに掲載するパワ …

no image

kawasui

川崎水族館(カワスイ)にきた! JR川崎駅を降りて、徒歩1分のルフロンの1階に正面右の、スタバとライフの間の入口から入り、息子が教えてくれた床に流れる「川」に沿っていくとエレベーターにつきます! ここ …

on the road

2021年2月14日朝6時32分多摩川駅を降りた。 これから多摩川浅間神社へ向かう。 今日はどんよりした曇りの日。 今ここにいるのは昨日ふと思ったことからによる。 ここ数日体がきつくて耐え難い状況にな …

force from fear

今朝は寒く外にでるのが億劫だったので、 布団にくるまって瞑想をした。 そのとき小4の娘のアラームが鳴って娘が起きた。 ぼくはしっかりと座って瞑想しているすがたをみられるのが恥ずかしい。   …

in to the world

今朝4時前に目が覚め、まだ3時台かとまた寝た。通常朝までぐっすり眠るので、これは珍しい。何度も起きては、その続きの夢をみてを繰り返し、朝、起きたとき、何か連続して見ていたはずの世界があったことは覚えて …