ブラ街道 on the road

人はいつの時代も、その土地の風やにおいを感じ生きてきた。綿々と続く歴史の糸をたどると、生きた人々の息遣いを感じる気がする。現代を生きる私たちも最善を尽くして日々を暮らし生きている。その道はどこから始まりどこへ向かうのか。果て無き道を今も歩んでいる。

On the road

cytokine storm & Media storm

投稿日:2021-02-24 更新日:

井上先生は毎朝4時に起きて医学論文を5本は読むという。

そんな先生のコロナの解説が非常にわかりやすく説得力のあるものだった。

松田先生が「わが意を得たり」というのもうなずける。

カンタンにいうと、コロナウイルスが胃腸や肺に多く存在するACE2という受容体にくっついて体内に入り増殖するというもの。ウイルスの侵入にともないウイルスをやっつける白血球などがサイトカインを出すが、それが過剰に産生されるサイトカインストームという状態になり、小さな血栓が無数にできるというもの。血栓が舌におきれば味覚がなくなり、肺にできれば肺炎のようになり、脳にできれば疲れを感じる。臓器により症状が異なるが本来、自分の体を守るべき免疫系が暴走し自分の体を痛めつけ、死に至らせることすらある。

京大の上久保先生といい、大阪市大の井上先生といい、本当にすばらしい!

でもこうした研究が、政策に反映されないのは、本当におかしい。

松田先生によると政権中枢はわかっているのにである。

 

これはひとえに「メディアの煽りで国民にすっかり「コロナ脳」が定着してしまった」からに違いない。サイトカインの暴走が体内だけでなく、社会にも起きているようである。

本来、政治をチェックし社会を守るはずのメディアが、自分の目の前の利益に目を奪われ、暴走し社会を傷つけている。これは「メディアストーム」ともいうべき由々しき問題である。

 

 

-On the road

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Girls’ Day (March 3rd)

▼ひな祭りは、邪気を流す日 季節の節目はあたたかくなったり寒くなったり気温の変化が激しくなり、体調を崩しやすくなる。 昔は病気になるのは邪気が入るためとされていました。 日本では紙などで作った人形(ひ …

don’t stay home

元衆議院議員の松田学氏は早く真実へと目覚める必要があるとして、何人かの専門家や有識者の方々と、新型コロナ対策のモードチェンジを図るためのプロジェクトを始めている。 政権中枢の方には、ここに掲載するパワ …

Sentimental Journal

そこはいろんなアトラクションのある楽しそうな場所だった。たくさんの人が運動場のようなところに来ていろんなゲームをしている。 ぼくらはゲームがはじまるまで着替えて寝っ転がって待っていた。待っている間にだ …

no image

peace education for kids

子どもにとって、平和教育の肝は、違いをうけいれることだと思う。 その基礎は、多様な大人と過ごすことで培われるものだと思う。 レッテルがなせ貼られるか。それは違いを受け入れられない恐怖からくるものと思う …

happy days

▼ 幸せを感じる毎日 今朝は、漫才コンビ?の家に遊びに行った帰り際に「コップ持ってきて」「はい白いコップ」「って、これ違うがなぁ」と言うボケとツッコミをして大笑いする夢を見た。 全くたわいもないことだ …