ブラ街道 on the road

人はいつの時代も、その土地の風やにおいを感じ生きてきた。綿々と続く歴史の糸をたどると、生きた人々の息遣いを感じる気がする。現代を生きる私たちも最善を尽くして日々を暮らし生きている。その道はどこから始まりどこへ向かうのか。果て無き道を今も歩んでいる。

On the road

don’t stay home

投稿日:2021-02-23 更新日:

元衆議院議員の松田学氏は早く真実へと目覚める必要があるとして、何人かの専門家や有識者の方々と、新型コロナ対策のモードチェンジを図るためのプロジェクトを始めている。

政権中枢の方には、ここに掲載するパワーポイントを議論の土俵にして、以下のペーパーで日本の現状やあるべき方策についてご説明いたしましたが、新型コロナについての認識は私とほぼ同じでした。

いくら政権トップが分かっていても、メディアの煽りで国民にすっかり「コロナ脳」が定着してしまった現状では、政権の力だけでは物事は動かない

とのこと。松田学ブログより

国のトップが行おうとするも、それがかなわないことが問題であることがわかった。

あらためてメディアで形成された世論とは恐ろしいものだと思う。

 

井上正康先生(大阪市立大学名誉教授)の解説はとてもわかりやすく、衝撃的で、動画はとても興味深いものだった。

というのも、コロナの研究の成果でカゼの分子メカニズムは初めてわかったとのことだったから。

コロナの重症化は血栓によるものであるとのこと。

ACE2と受容体がコロナウイルスが入り込む場所で、血管の壁が感染の場所になっていることがわかった。

味覚がなくなったとか、肺炎になるとか、起きている症状の説明がなるほどと思うことも多く興味深かった。

-On the road

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

m RNA

▼m RNAワクチン ワクチンの接種が6月から始まる。 ファイザーのワクチンはm RNAタイプのもので、DNAを転写するメッセンジャー RNAを使う。 遺伝子組み換え食品どころではない。機構はよくわか …

Girls’ Day (March 3rd)

▼ひな祭りは、邪気を流す日 季節の節目はあたたかくなったり寒くなったり気温の変化が激しくなり、体調を崩しやすくなる。 昔は病気になるのは邪気が入るためとされていました。 日本では紙などで作った人形(ひ …

creating a forest

▼百年を見越した杜づくり 明治神宮の森は100年を見越して作られたという。 先日、明治神宮を訪れた際にそんな掲示板があったので興味深く読んだ。 まず成長の早い針葉樹と、将来の主木となる椎や樫などの照葉 …

watch around

「周りの人をよく見なさい。あなたはその人たちと一緒に生きている」 神社をお参りしたときのささやき。 「その人たちと調和がとれているか。あなた1人で生きているわけではない」 わかってるつもりでも、行動が …

non-duality peace

不二の平和