ブラ街道 on the road

人はいつの時代も、その土地の風やにおいを感じ生きてきた。綿々と続く歴史の糸をたどると、生きた人々の息遣いを感じる気がする。現代を生きる私たちも最善を尽くして日々を暮らし生きている。その道はどこから始まりどこへ向かうのか。果て無き道を今も歩んでいる。

On the road

watch around

投稿日:2021-02-22 更新日:

「周りの人をよく見なさい。あなたはその人たちと一緒に生きている」

神社をお参りしたときのささやき。

「その人たちと調和がとれているか。あなた1人で生きているわけではない」

わかってるつもりでも、行動がともなってないことがあるのかもしれない。

人と人はそれぞれの人生が絡み合って生きている。神社からの帰り道に考えた。

 

絡合

いわしが集団で一匹の大きな魚のようにみせる話は聞いていたけど、集団で生きていることの意味が自分ごとになっていなかった。

自分ごととなると急に耳の痛い話になる。

 

よく見なさい

なんかむかつくんだよね。

「LINEの既読無視」とのこと。スタンプでもいいから返事を返してほしいと。僕は即答ができないタイプで何か考えてから回答することが多いため、すぐに何かを返す事が難しい。何も言葉が出てこないことが多い。何か連絡があっても、話かけられても、あーそうなんだねぇと言うのが精一杯でそれに対するリアクションの言葉がすぐに出てこないことが多い。だから無視している訳ではなく言葉が出てこないのである。

コミュニケーションをしたい何かがあるのではないだろうか、反応がうすいことが、どうも気にくわないのだろう、その裏には何らかの感情を、受け止めてほしい感情があるのかもしれない。とてもわかりにくいのですが、”よく見なさい”とはそれを見落とすなということなのかな。

 

非言語

言語の行間や言葉にならない感情と言うのは、時に人と人の間に重要なファクターとなる。

会社でリモートワークをするにあたっての問題点について、昨日少し話すことがあった。自分が1番危惧しているのは、その非言語の部分であったり、仕事中に聞こえてくる情報ややりとりが聞こえてこないこと。そこはかとなく聞こえてくる話から、気がつかなかったことに気がついたり、周りで何が起きているかが把握できたりする。大問題に至る前に誰かが気付いてリスク回避になってた部分があったのではないかと思う。そうした穴を埋めていた作業がなくなり事故が起きる可能性が高くなる気がする。

だからといってリモートワークを後退させると言うわけではなく、そうした課題をクリアしつつ、どうすれば順調に、そして快適に仕事ができるかを考えを革新していかないといけないと思う。

また、そこには技術の進歩も必要かもしれません。

 

集団

会社は単に仕事をしに来ているわけではない。会社にいる同僚などその人の顔を思い浮かべ探しとのやりとりを悲しみそれが人生の1部となっている。自分の自分だけの人生を生きているわけではない。今リモートワークの話が進みつつある中、リモートワークの意義は大変あると思うけれど弊害も多く出てくるように思う。今一度自分は何のために働くのかなぜ生きているのか。周りの人と生きるとは一体どういうことなのかどっち今一度考えるきっかけとなる朝だった。

-On the road

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Japanese love cherry blossoms

▼日本人は桜が大好き 日本人は桜が大好きだ。ぱっと咲いて、パっと散るのが潔くかっこいいとしているからかもしれない。 日中韓の比較文化学の金 文学先生の著書『あの「中国の狂気」は、どこから来るのか』によ …

black out⁉︎

2月13日夜23時、大きな地震が起きた。 横揺れが長く続き、棚に置いているものが少し落ちてくるほどの揺れで、子どもが怖がっていた。 すぐさまテレビをつけてみると、福島県沖の地震であった。 10年前の東 …

on the road

2021年2月14日朝6時32分多摩川駅を降りた。 これから多摩川浅間神社へ向かう。 今日はどんよりした曇りの日。 今ここにいるのは昨日ふと思ったことからによる。 ここ数日体がきつくて耐え難い状況にな …

non-duality peace

不二の平和

no image

moment of death

■死ぬ瞬間 死を考えることは、子どもの頃は、恐怖で気がくるいそうなことだった。心の奥でいつもその恐怖にさいなまれていたような気がする。 大人になり、様々な体験をするなかでその恐怖はしだいになくなってい …