ブラ街道

土地には風土があり、いつの時代も人はその土地の風土にあわせて生きてきました。その土地の風やにおいを感じ、歴史に触れると、その時代に生きた人々の息遣いを感じる気がします。人々が暮らしたころへ思いをはせてみたり、往来した街道をブラブラ歩いたりします。

弟の田んぼ日記

弟の田んぼ日記(46)ベランダの稲40㎝

投稿日:2020-07-10 更新日:

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。


 

7/10 梅雨になり、九州や長野で豪雨があり大変な被害が出ています。
うちのベランダは南側なのですが、雨や曇りの日々が続き、日照時間が少ないです。

梅雨の季節だからこんなものなのかと思いつつ、今までこんなに気にしていなかったかもと思えてます。稲を育てる農家の人の気持ちが少しだけですが、わかった気がします。

うちのベランダの稲は一番背の高いので40cmくらい。

葉が折れたりしながらもめげずに育ってます(^^)

-弟の田んぼ日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

弟の田んぼ日記(40)鶏さんも暑くて水を飲む暑い日

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   6/24 今日の鳥取33℃ …

弟の田んぼ日記(50)分けつしないね

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   弟の田んぼはだいぶフサフサ …

弟の田んぼ日記(24)快晴の田んぼ

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   6/8 とてもきれいな空が …

弟の田んぼ日記(21)水につかってます

農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中!本日も田んぼ日記。   田植えから約1週間。 稲は田んぼの水につかって気持ちよさそう。 田んぼメモ 稲はもともと熱帯の作物なので、温 …

弟の田んぼ日記(47)梅雨と梅

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   本気と書いて「マジ」と読む …