ブラ街道

土地には風土があり、いつの時代も人はその土地の風土にあわせて生きてきました。その土地の風やにおいを感じ、歴史に触れると、その時代に生きた人々の息遣いを感じる気がします。人々が暮らしたころへ思いをはせてみたり、往来した街道をブラブラ歩いたりします。

弟の田んぼ日記

弟の田んぼ日記(45)見慣れぬ実

投稿日:2020-07-09 更新日:

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。


 

―これは実、何の実、気になる実♪

誰もが知っている植物です。

この状態で食べられるトマトかな

―この実は食べられません。

完熟は食べられないことはないそうですが、食べる人は滅多にいません。

実をもっとよくみてみましょう。

何かわかりますか?

ヒント① 葉は、こんな感じです。

ヒント②この花からできた実です。

ナス科みたい

―そうです!

正解は、

ナス科の!
ジャガイモです!
実をつけるかどうかは、品種によるそうです。

ジャガイモは、地下にできますが、

これは地上の花から実になったものです。

そもそもジャガイモは地下に出来る芋で増える事ができるので、

地上の花は咲いても役目がありません。

でも、品種によって受粉して実を付けやすいものがあるそうです。

 

ということは、種でも増えるし、芋からでも増えることができるということですね(*’▽’)

-弟の田んぼ日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

弟の田んぼ日記(14) 田植えするよ~

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   5/26 田植えするよ~ …

弟の田んぼ日記(13) 田植をまつ早苗たち!

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   たぶん今もあると思うけど、 …

弟の田んぼ日記(17) 田植えは一人でOK

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   「田植えは植えるだけなら一 …

弟の田んぼ日記(28)ヒヨコはまだ産まれません

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   6/13 4日前(6/9) …

弟の田んぼ日記(12) 6月の季語「早苗」

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   お米が保育園から小学校に入 …