ブラ街道

土地には風土があり、いつの時代も人はその土地の風土にあわせて生きてきました。その土地の風やにおいを感じ、歴史に触れると、その時代に生きた人々の息遣いを感じる気がします。人々が暮らしたころへ思いをはせてみたり、往来した街道をブラブラ歩いたりします。

弟の田んぼ日記

弟の田んぼ日記(41)これは何でしょう。

投稿日:2020-07-05 更新日:

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。


 

これは何でしょう?

たけのこ?

ヒント①:黒いマルチにもみ殻の中にまみれて生えてますね

破竹?

ヒント②:猛毒です。

え!何、うつぼ!?

ヒント③:3年かけてやっと収穫できます。

わかりません!

正解は、こんにゃくです!

こんにゃく芋は毎年掘り上げるのですが、
最初の年は直径3cmくらいで、
3年かけて直径20cmくらいになったら、
こんにゃくに加工出来ます。

生のこんにゃく芋は劇物!猛毒です。

知れば知るほど不思議な植物です。

 

田んぼメモ
こんにゃく芋は、堀り上げ、また時期がきたら植えの繰り返しを三回ほどして、やっと食べられる。
「昔、母の手伝いで芋をすり手がかゆくなったのを 思い出します」と母。
こんにゃく芋は、寒さに弱いので土の中にずっと入れっぱなしではだめなんです。
冬は凍らない場所に保管しておかないといけないのです。

-弟の田んぼ日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

弟の田んぼ日記(37)うちのバケツに田植え

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   6/20 土を鉢から入れ替 …

弟の田んぼ日記(32)今日の田んぼ

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。 6/16 今日の田んぼです。 水面がきれ …

弟の田んぼ日記(7) しろかき作業

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘している姿から日本の原風景を感じたいと思います。   5/22 田んぼにも水が入り …

弟の田んぼ日記(25)田植えから2週間

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   田植えから2週間ほどの稲。 …

弟の田んぼ日記(31)蛇からヒヨコを守れ!

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。 ヒヨコちゃんは、まだお母さんのお腹の下か …