ブラ街道 on the road

人はいつの時代も、その土地の風やにおいを感じ生きてきた。綿々と続く歴史の糸をたどると、生きた人々の息遣いを感じる気がする。現代を生きる私たちも最善を尽くして日々を暮らし生きている。その道はどこから始まりどこへ向かうのか。果て無き道を今も歩んでいる。

弟の田んぼ日記

弟の田んぼ日記(34)豊年エビもいます

投稿日:2020-06-28 更新日:

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。


 

豊年エビが田んぼの中を泳いでます。

除草剤をまく田んぼでは見られない豊年エビくんです。

そんな田んぼには蛇もカエルもいます。

田んぼメモ
豊年エビは日本の田圃などに広くみられ体長3センチにもなる淡水生物。エビといってもミジンコ亜綱(鰓脚類) (Branchiopoda)の一種で、むしろカブトエビやミジンコの仲間。
「こいつがたくさんいる年は豊年らしいですよ」
「うちの田圃はここひとつだけ無農薬だから、かわった生き物がたくさんいるね」。
そういえば田圃によってホウネンエビがいないところもある。
「そうね無農薬の田圃はヘビがおおいけんすぐわかるよ」

「ヘビ?」

「無農薬の田圃は、畦に除草剤まかんし、消毒もせんけ、ヘビもわかるんやねぇ」

ミジンコにはじまってコエビ、昆虫、オタマジャクシ、魚、カエルそしてヘビにいたる食物連鎖がこのわずか50メートル四方の水系のうちに完結しているのだ。
豊年エビより

 

弟の田んぼは、豊年エビのいる本当に豊かな田んぼです。

豊年への願いが豊年エビを招いています。

-弟の田んぼ日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

弟の田んぼ日記(45)見慣れぬ実

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   ―これは実、何の実、気にな …

弟の田んぼ日記(26)鶏さん、増殖計画中

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   6/9 鶏が卵を抱いてます …

弟の田んぼ日記(21)水につかってます

農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中!本日も田んぼ日記。   田植えから約1週間。 稲は田んぼの水につかって気持ちよさそう。 田んぼメモ 稲はもともと熱帯の作物なので、温 …

弟の田んぼ日記(48)久しぶりの日光浴

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   今日はくもりで肌寒いくらい …

弟の田んぼ日記(17) 田植えは一人でOK

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   「田植えは植えるだけなら一 …