ブラ街道 on the road

人はいつの時代も、その土地の風やにおいを感じ生きてきた。綿々と続く歴史の糸をたどると、生きた人々の息遣いを感じる気がする。現代を生きる私たちも最善を尽くして日々を暮らし生きている。その道はどこから始まりどこへ向かうのか。果て無き道を今も歩んでいる。

弟の田んぼ日記

弟の田んぼ日記(22)色づきはじめたジューンベリー

投稿日:2020-06-16 更新日:

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。


 

庭のジューンベリーが色付き始めてきました。

田んぼメモ

ジューンベリーはシンボルツリーからナチュラルな植栽まで、幅広くおすすめ出来る庭木です。
別名とされるアメリカザイフリボクが正式な名称ですが、6月(june)に熟すベリーの様な実という意味でジューンベリー(JuneBerry)と呼ばれます。
4月開花の白花はもちろん、すぐに6月に収穫期を迎え、秋には色付きの良い紅葉まで楽しめる人気の庭木です。収穫したジューンベリーの実は見た目も美しく、ブルーベリーと似た可愛らしさも感じられます。

新美園サイトより

では、どんな味か?

「昔の安い駄菓子の味」
「薄いさくらんぼみたいな味」

だそうです(^_-)-☆

 

-弟の田んぼ日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

弟の田んぼ日記(51)雨の中でナス収穫

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   7/13 今年は長雨で雨が …

弟の田んぼ日記(32)今日の田んぼ

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。 6/16 今日の田んぼです。 水面がきれ …

弟の田んぼ日記(12) 6月の季語「早苗」

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   お米が保育園から小学校に入 …

弟の田んぼ日記(33)蛇を食べるおたまじゃくし

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   恐怖で身がすくんで動けない …

弟の田んぼ日記(21)水につかってます

農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中!本日も田んぼ日記。   田植えから約1週間。 稲は田んぼの水につかって気持ちよさそう。 田んぼメモ 稲はもともと熱帯の作物なので、温 …