ブラ街道

土地には風土があり、いつの時代も人はその土地の風土にあわせて生きてきました。その土地の風やにおいを感じ、歴史に触れると、その時代に生きた人々の息遣いを感じる気がします。人々が暮らしたころへ思いをはせてみたり、往来した街道をブラブラ歩いたりします。

弟の田んぼ日記

弟の田んぼ日記(21)水につかってます

投稿日:2020-06-15 更新日:

農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中!本日も田んぼ日記。


 

田植えから約1週間。
稲は田んぼの水につかって気持ちよさそう。

田んぼメモ
稲はもともと熱帯の作物なので、温帯の日本、特に北の方では冷害にあうことが多かった。
日本の土壌はお米を育てるのに向いていたわけではありませんでしたが、表面に水を溜めるという大発明によって、すべてを解決したのです。
自分が子どもの頃は北海道で米をつくるというのは難しかった記憶があります。米が冷害にあって…とかニュースでやっていたように思います。
稲は熱をなかなか発することのない水につかることにより、寒さから保護されます。

-弟の田んぼ日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

弟の田んぼ日記(20)定番の盆花

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   お盆の花が勢ぞろい。 手前 …

弟の田んぼ日記(24)快晴の田んぼ

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   6/8 とてもきれいな空が …

弟の田んぼ日記(5) 水苗代にお引越し

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘している姿から日本の原風景を感じたいと思います。   5/12頃、稲の苗は保温&保 …

弟の田んぼ日記(25)田植えから2週間

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   田植えから2週間ほどの稲。 …

弟の田んぼ日記(18)しっかり根付いてきた苗

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   6/1 田植えから1週間。 …