ブラ街道 on the road

人はいつの時代も、その土地の風やにおいを感じ生きてきた。綿々と続く歴史の糸をたどると、生きた人々の息遣いを感じる気がする。現代を生きる私たちも最善を尽くして日々を暮らし生きている。その道はどこから始まりどこへ向かうのか。果て無き道を今も歩んでいる。

弟の田んぼ日記

弟の田んぼ日記(12) 6月の季語「早苗」

投稿日:2020-06-06 更新日:

木と雲と空
鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。

 

お米が保育園から小学校に入るころ、苗代(なわしろ)から田に移し植えるころの稲を早苗(さなえ)といいます。

 

早苗は6月の季語です。

 

自然を観察し、あるときは恐れ、あるときは感謝し、季節の移り変わりを感じる日本人の感性。

稲を育てるにあたり、同じ稲でも呼び名を変えて、

早苗という言葉があるのは、すばらしいと思います。

そしてそれを子どもの名前にしたり、歌にしたりして、

稲に対する日本人の愛情を感じますね。

 

順調に育った早苗たちは、いよいよ5/26に田植えを迎えます。

早苗歌とは田植え歌ともいうらしいです。

-弟の田んぼ日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

弟の田んぼ日記(23)初物ズッキーニ

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   ズッキーニは3月から4月に …

弟の田んぼ日記(32)今日の田んぼ

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。 6/16 今日の田んぼです。 水面がきれ …

弟の田んぼ日記(1) 家族一丸で籾蒔き

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘している姿から日本の原風景を感じたいと思います。   昨年10月、103歳を迎えた …

弟の田んぼ日記(29)米が届いた!稲もキター!

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   仕事から帰宅すると大きな荷 …

弟の田んぼ日記(20)定番の盆花

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   お盆の花が勢ぞろい。 手前 …