ブラ街道

土地には風土があり、いつの時代も人はその土地の風土にあわせて生きてきました。その土地の風やにおいを感じ、歴史に触れると、その時代に生きた人々の息遣いを感じる気がします。人々が暮らしたころへ思いをはせてみたり、往来した街道をブラブラ歩いたりします。

弟の田んぼ日記

弟の田んぼ日記(2) 苗箱を並べる

投稿日:2020-05-26 更新日:

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘している姿から日本の原風景を感じたいと思います。


 

水田の栽培方法は、2種類あります。

①直播(ちょくはん)栽培 → 種子を直接水田にまく方法

②移植栽培 → 苗を水田に植え付ける方法

 

水田に直接種をまく方法は見たことがないと思ったら、日本では水田面積の98%が移植栽培だそうです。

田んぼメモ

「苗半作(なえはんさく)」という言葉があるように、苗づくりは田植え後の稲の生育や収穫を左右する重要な作業です。

最初が肝心なのは人間も同じ。

人間も三つ子の魂百までと言いますしね(^^)

 

さて、種もみがまかれた苗箱をビニールシートの上に並べていきます。(5/1)

-弟の田んぼ日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

弟の田んぼ日記(21)水につかってます

農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中!本日も田んぼ日記。   田植えから約1週間。 稲は田んぼの水につかって気持ちよさそう。 田んぼメモ 稲はもともと熱帯の作物なので、温 …

弟の田んぼ日記(12) 6月の季語「早苗」

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   お米が保育園から小学校に入 …

弟の田んぼ日記(9) しろかき終了

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘している姿から日本の原風景を感じたいと思います。   5/23 しろかき終了~ ト …

弟の田んぼ日記(25)田植えから2週間

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘中。弟の便りから日本の原風景を感じたいと思います。   田植えから2週間ほどの稲。 …

弟の田んぼ日記(10) 赤いトラクター

鳥取で農業を営んでいた祖父母から畑を受け継いだ弟家族。農業経験のまったくなかった弟が今や立派な農家として奮闘している姿から日本の原風景を感じたいと思います。   赤いトラクターといえば、19 …