ブラ街道 on the road

人はいつの時代も、その土地の風やにおいを感じ生きてきた。綿々と続く歴史の糸をたどると、生きた人々の息遣いを感じる気がする。現代を生きる私たちも最善を尽くして日々を暮らし生きている。その道はどこから始まりどこへ向かうのか。果て無き道を今も歩んでいる。

富士山

成子天神社の富士塚(山開き)

投稿日:

7月1日、小雨の降るなか、成子天神社へ行きました。

西新宿の高層ビルのすぐ近くにある成子天神社は成子坂の下り途中にあります。

境内にある富士塚から高層ビルのない頃には富士山が見えたのでしょう。

 

7月1日AM9:00

山開きの儀式がひっそりと行われました。

 

見学人は自分ひとり…。

浅間神社へ一礼、富士山の方向へ一礼、富士塚へお祓い、祝詞が奏上され、儀式は数分で終わりました。

 

成子天神社(なるこてんじんじゃ)の富士塚は、大正9年(1920)8月に、成子天神社境内にあった天神山という小山に富士山の溶岩を配して築かれたもので、新宿区内で最後に築かれた富士塚です。
富士塚は、江戸時代中期より、江戸庶民の間で盛んになった富士信仰の遺跡です。同業者を中心に富士講が組織され、神社の境内に模造富士を築いて崇拝しました。
成子天神社の富士塚は、柏木・角筈地域(現在の北新宿・西新宿)の人々を中心に組織された丸藤成子講(まるとうなるここう)が奉祀していたもので、最盛期には約200名の講員がいましたが、現在は活動していません。

-富士山

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

天皇の祖先は富士山だった⁈

富士山本宮浅間神社でまつられている木花咲耶姫(コノハナノサクヤヒメ)の伝説は『古事記』が元になっている。 古事記によると、宇宙の根源の神様はアメノミナカヌシという神様で、その7代下にイザナギノミコトと …

富士山を描いた富嶽三十六景(北斎)がみたい!

富士山が世界遺産に登録されたのは信仰と芸術の源泉という観点からであった。 富士山は『信仰の対象であり、芸術創作の源泉である』のだ。 富士山は、その美しさと雄大さから、たくさんの芸術家の対象となってきた …

富士講、無事行こう④後富士は大山詣り

江戸時代に流行した「富士講」をたどってみた。富士講は、江戸時代に江戸から富士山へ徒歩で向かい、お参りして帰ってくるという庶民信仰。講の場所によるが、ある講では、前富士で高尾山詣で→富士吉田から富士登山 …

「富士仙人」に学ぶ富士登山(装備)

富士山に100回登るとすごいと言われる中、2011年時点で800回以上登っているすごい方がいる。2019年の今は1000回超えているかもしれない。 『まいにち富士山』(新潮社)の著者、佐々木茂良さんだ …

多摩川浅間神社も立派な富士塚だった

令和になって4日目の5/4に新緑あふれる多摩川浅間神社へお参りに行った。 実は多摩川浅間神社には毎月の初めにお参りしている馴染みの神社である。 多摩川浅間神社は田園調布の国分寺崖線の端に位置する。 ブ …