ブラ街道

土地には風土があり、いつの時代も人はその土地の風土にあわせて生きてきました。その土地の風やにおいを感じ、歴史に触れると、その時代に生きた人々の息遣いを感じる気がします。人々が暮らしたころへ思いをはせてみたり、往来した街道をブラブラ歩いたりします。

富士山

富士登山の安全を祈る鳩森八幡神社山開き大祭

投稿日:2019-06-03 更新日:

6月3日は鳩森八幡神社にとって特別な日だ。

多くの富士山山開きの儀式が7月1日に行われるなか、鳩森八幡神社(千駄ヶ谷の冨士塚)では63日に行われる。

今年7月に富士山に登るので、富士登山の安全を祈願するために参加した。

 

 

特別仕様のご朱印も作られて、自分も押してもらった(500円)。

鳩森八幡神社には、富士山そっくりに作られた高さ7mの富士塚がある。頂上には、富士山から運ばれたボク石(溶岩)が使われ、浅間神社の奥宮が祀られている。7合目には食行身祿様が安置されている洞窟や烏帽子岩、山裾には浅間神社の里宮がある。

17時からのお祭りを前に、御奉納の方々がスーツ姿の正装で境内に集まり、次々に奉納される。16:30には「登山禁止」となり、登山の安全を祈願するお祭りがまもなく始まろうとしている。

 

奉納のときに使われる榊(さかき)が準備されるなか、御奉納の方々が会場の先に座っていく。御奉納の方々は区切られた会場の椅子に座り、それ以外の一般の人は外から眺めるスタイル。儀式のあと、御奉納の方々は直会(なおらい)があるもよう。

 

17:00 山開き大祭が始まり、篳篥(ひちりき)の音色が境内に響き渡る。

責任役員の方や、氏子の町内会の方々をはじめ、渋谷区長、区会議員や世話人が参列するなか、おごそかに神事が行われた。

神職の宮司さんが山裾にある浅間神社の里宮と何度も往復し、儀式が執り行わレたが、なかでも宮司さんの祝詞(のりと)の響きが耳に残った。

富士塚ができた経緯などが述べられていく。

 

最後に御奉納の方々が登拝(とはい)し、その後、一般の参列者も登拝が許された。

表の鳥居で榊によるお祓いをうけ登拝する。

 

烏帽子講(富士講)の人たちが富士山に登るときに唱える六根清浄の音声が流れる。

南無帰命長来(なむきみょうちょうらい)

散華、散華(さんげ)

六根清浄(ろっこんしょうじょう)

富士山小御嶽(ふじさんこみたけ)石尊大権現(せきそんだいごんげん)

大天狗(だいてんぐ)、小天狗(しょうてんぐ)

哀愍納(あいみんのう)

一受礼礼拝(ひとうけれいはい)

六根清浄の生の声を聞くと、富士講のときの臨場感が伝わってきてテンションがあがる。自分も登るときに唱えてみようと思う。

 

18時にはすっかり片付けが終わり、元の都会の中の静かな神社に戻った。

-富士山

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

富士山第5の登山道は令和ルート!?

富士山登山コースは「4つ」とされており、4つとも世界遺産に登録されています。その4つとは… ・富士宮口登山道 ・吉田口登山道 ・須走口登山道 ・御殿場口登山道 です。しかし第5の登山道があり、その登山 …

富士講、無事行こう②0合目からの富士登拝

江戸時代に流行した「富士講」をたどってみた。富士講は、江戸時代に江戸から富士山へ徒歩で向かい、お参りして帰ってくるという庶民信仰。講の場所によるが、ある講では、前富士で高尾山詣で→富士吉田から富士登山 …

5月~6月に現れる富士山「まぼろしの滝」

富士山には滝や川はないとされているが、一時期だけ見ることができる滝がある。 それが須走口5合目から歩いて行ける距離にある「幻の滝」。 雪解けの5月。暖かい日の午後、とけだした雪が川になり滝のように流れ …

「富士仙人」に学ぶ富士登山(装備)

富士山に100回登るとすごいと言われる中、2011年時点で800回以上登っているすごい方がいる。2019年の今は1000回超えているかもしれない。 『まいにち富士山』(新潮社)の著者、佐々木茂良さんだ …

富士山の事故に注意!

富士山に登る際には事故に注意しないといけない。通常の環境と異なり、思わぬ事故に見舞われるかもしれない。過去に起きた例を確認したいと思う。   直近に起きた痛ましい事故 つい先日の2019/5 …