ブラ街道

街道をブラブラ行きます!街道はなぜ街道となったのか。街道に歴史あり。

資料

今はもうない「原宿」

投稿日:2018-08-13 更新日:

原宿という名前は全国的にも有名で、クレープ屋などトレンドの食べ物やファッションでもTVでよく紹介されます。そして今や世界中から観光客が訪れる町となりました。
しかしそんな「原宿」という名前は地名としてはもうありません。

渋谷区地域資料通信1にこんな記載があります。
原宿といえば、今や全国いや世界に知られた街になりましたが、残念ながら地名としての「原宿」はもはや存在していません。原宿の名は戦国大名北条氏の文書※1に登場する古くからある地名で、明治22年(1889)に干駄ヶ谷村に統合されるまで原宿村として存在しました。その後は干駄ヶ谷村の大字原宿であり、昭和7年(1932)の渋谷区成立時に原宿は一丁目から三丁目まである町名として引き継がれました。そして昭和40年の住居表示実施にともない、穏田地域とともにその名を神宮前とし地名としては姿を消しました。

どこまで行っても神宮前
神宮前は一丁目から六丁目まであって、ほかに区内で六丁目まである町名は本町と千駄ヶ谷のみです。本町と千駄ヶ谷は古くから地名としてありましたが、「神宮前」の名称は大正9年(1920)に明治神宮が鎮座して以降から使用されるようになり、町名に採用される以前は小学校の名称としてや地下鉄銀座線に神宮前駅※2がありました。神宮前地域は明治神宮・代々木公園を擁する代々木神園町に次ぐ広さがあり、表参道がそのシンボルとして中央を貫いています。

JR原宿駅は明治神宮のすぐそばに位置します。

”東京都渋谷区神宮前1丁目18

原宿駅は現在平成の大改装中ですが、実は原宿駅が明治39年に開設された場所は今より北寄りの代々幡村内で、その後移転した現在の場所も穏田村というわけで、原宿村内に存したことはなかったのです。

※1『小田原衆所領役帳』
※2「表参道」に変更され、後に現在地に移転

しぶや、あの日 あんなこと そして こんな本(渋谷地域資料通信1)
2018年4月19日 発行/編集 渋谷区立中欧図書館

-資料

執筆者:


  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした